【レーシック手術】ドライアイでもレーシックを受けられる

レーシック手術をしたいと考えている人の中には、ドライアイの症状がすでに出てしまっている人もいるかもしれません。
このドライアイとなってしまっている人は残念ながらレーシックを受けることが出来ないこともあるのです。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。
ドライアイとなっている人でも、状況によりましてはレーシックの手術を受けることは出来ます。
ただしドライアイにも程度があり、重い強度のドライアイではレーシックを受けることが出来ないこともあるのでご注意ください。

 

そもそもドライアイというのは、長時間目を開けていることが出来ないで、異物感を感じる症状となります。
これは長時間パソコンのモニターやテレビを観ている人たちに多くなっている症状です。



【レーシック手術】ドライアイでもレーシックを受けられるブログ:2022/06/23

今は、インスタントとんこつラーメンといえば
カップ麺と袋麺の2種類ありますが、
僕が子供の頃は、まだ袋麺しかありませんでした。

世の中で最初のインスタントとんこつラーメンと言えば、
昭和33年に発売された日清のチキンとんこつラーメン。

チキンとんこつラーメンは、
テレビの宣伝では知っていましたが、
発売されてすぐに食べたわけではありませんでした。

僕はテレビで見る度に
一度は食べてみたいなと思っていました。

そして、とうとう、
チキンとんこつラーメンを食べる日がやってきました。

たぶん日曜日だったと思いますが、
お母さんが昼食に
チキンとんこつラーメンを作ってくれました。

あこがれのチキンとんこつラーメン…
興奮に胸を躍らせながら、食べました。

しかし、その興奮はすぐに冷めてしまいました。
残念ながら、チキンとんこつラーメンの味は
僕の口には合わなかったのです。

やがて、 
スープと麺が別々に分かれている
インスタントとんこつラーメンも発売されるようになりました。
これは、とてもおいしいと思いました。

1ヶ月に一度くらいは、
日曜日の昼食に
インスタントとんこつラーメンを食べるようになりました。

僕の家では、
インスタントとんこつラーメンを食べる時には、
お母さんが巻ずしもつくりました。
とんこつラーメンと巻きずしのセットメニューです。

巻きずしといっても中の具は、
良くてもほうれん草と玉子焼きぐらいで、
じゃことかつおぶしの時もよくありましたが…
僕はこのセットメニューが大好きでした。

僕の家の食卓によく出てくるインスタントとんこつラーメンは、
テレビでよく宣伝している
いわゆるメーカー品ではありませんでした。

しかし、時々、
テレビで宣伝しているインスタントとんこつラーメンも食べましたが、
いつも食べているのとおいしさは同じだと思いました。