【レーシック手術】エキシマレーザーを使用するレーシック

レーシックというのは、角膜にエキシマレーザーと言われているレーザーを照射し、屈折率の矯正をして視力を回復していきます。
今ではテレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられ広く認知されてきています。 レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。
レーシックというのは、非常に精密手術と言え、術後すぐに視力回復を実感することが出来ます。
しかし実際に通常の生活を送るためには、作成したフラップがしっかりと癒着している必要があるのです。

 

レーシックではまず最初に角膜の表面をスライスしていき「フラップ」と言われている蓋状のものを作っていきます。
このフラップをめくった状態でエキシマレーザーを照射し、角膜を削っていき屈折率を矯正していきます。



【レーシック手術】エキシマレーザーを使用するレーシックブログ:2022/11/29

運動を定期的に取り入れて
順調に体重が落ちていたのに、
最近は体重がまったく減らなくなった…

減量を行ったことがある方なら
一度はこのような経験をしたことがあると思います。

いくら運動を頑張っていたとしても、
ある日突然、体重が落ちなくなる…それは稀なことではありません。
この原因として運動のマンネリ化の影響があります。

運動しているのに
体重が落ちなくなるのは、
運動にからだが慣れてしまい反応しなくなるからなんです。

食べ物でも、
美味しいからといって連日食べれば飽きてしまいますよね。
運動でも同じことが言えるんです。

なので、減量中、
運動はマンネリ化しないようにしないといけないのです。

運動を定期的に変更することで、
からだが刺激に慣れることを防ぐことが出来るので、
順調に体脂肪を燃焼することができますよ!

定期的に運動を変更することは簡単です。

例えば
ジョギングばかりしているのなら、
1週間に1回エアロバイクを行うようにするとか…

2種類の運動を行うだけで、
運動のマンネリ化は簡単に防ぐことができるのです。

ただ、
2種類の運動を行ったとしても、
同じ曜日に同じ運動をしたら、
やはり体が運動に慣れてしまいます。

例えば…
月曜日ジョギング、水曜日エアロバイク、金曜日ジョギングのメニューで
ひと月運動したら、
翌月は月曜日エアロバイク、水曜日ジョギング、金曜日エアロバイクと
変更するようにすれば、
運動の強度が変わるので効果的となります。

その他、
ジョギングだけの1週間、エアロバイクだけの1週間など、
やり方はいろいろとあるので、
定期的に変更するようにしましょう。