【レーシック手術】角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

レーシックの手術をすることの出来ない場合というのは、角膜の厚みが足りない方が挙げられます。
自分の角膜は事前の検査によって知ることが出来るので特に問題はありません。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。
レーシック手術では角膜をレーザーで削った後だったとしましても、十分な厚みが残っていれば再手術が可能となります。
この角膜の厚みが十分にあるかどうかということを、クリニックではしっかりと検査してくれます。

 

レーシックの手術におきましては、角膜の形をレーザーを使用し次第に調整をしていくことになります。
目に入ってくる光の屈折する角度を調節していき、視力を矯正するという手術方法なので角膜は非常に重要な部分となります。



【レーシック手術】角膜の厚みによってはレーシックを受けられないブログ:2022/11/27

今日は寝不足です。

「体操が大嫌い!」「でも痩せたい!」
そんな方でも、シェイプアップは不可能ではないと思うんですよね。

基本的にボクたちの体質は、
特に意識しなくてもエネルギーを消費しています。
座ってテレビをみているだけでも、寝ている時だって、
エネルギーが消費されています。

大雑把にいってしまえば、
摂取したエネルギーが消費するエネルギーより少なければ、
何もしなくても痩せるという理論になります。

極端な話、何も食べずに寝ていれば、
そのうちガリガリに痩せるでしょう。
ただ、それではさすがに健康的なシェイプアップとは言えません。

絶食によるシェイプアップは、
専門家について行わなければとてもリスキーなのです。
リバウンドの可能性も高まるので、避けた方がいいでしょう。

連日食べているおやつをショートケーキから和菓子に変えたり、
ご飯を野菜中心にしてみたりするだけでも、
摂取エネルギーを減少する事ができるわけです。

エネルギー消費を助けるたんぱく質も、
意識的に摂ると一層いいですね。

あまり初めから、ご飯制限をやりすぎると、
すぐに息切れしてしまいますから、
無理なく少しずつ実行してみてくださいね。

シェイプアップは、継続できて初めて成功です。
どうしても食べたいものがあったら、
我慢しすぎないで少しだけ食べるというのも一つの手です。

ストレスになるほど我慢したり、
神経質になりすぎるのは止めてください。

シェイプアップを始める前に、毎週の目標体重を決めておき、
「達成すればその日だけ食べたいものを食べていい」
などのルールを決めておくと楽しみながらできますよ。

シェイプアップを楽しんで、ラク〜に痩せましょう!

嗚呼,いい気分