【レーシック手術】クリニックの環境でレーシックの失敗例

レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。 仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。
レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。

 

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。



【レーシック手術】クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:2022/11/04

痩せられない原因には、
カロリーオーバーや運動不足、ストレス、タバコなど様々あります。

でも、意外と見落としてしまいがちなのが、
肉体に溜まった脂肪を燃焼しやすくしてあげるということ。

多少「食べ過ぎたかな?」と思っても、
脂肪燃焼効率が良ければ、脂肪がつきにくく
痩せやすい肉体だと言えます。

どうすれば痩せやすい肉体になるのかというと…

大切なのが
「肉体を冷やさない」ということです。

肉体を冷やすと血液の循環が悪くなり、
肉体の防衛本能が働いて、
寒さから身を守るために
皮下脂肪を溜め込んでしまいます。

なので、
肉体を冷やさないことは、
皮下脂肪を溜め込まないことにつながるのです。

また、
肉体が冷えると基礎代謝も低くなりますので、
痩せにくい肉体となってしまいます。

では、
肉体を冷やさないためには、
どんな方法があるのでしょうか?

食べ物による食べる事療法やマッサージなど色々な方法がありますが、
簡単な方法としておススメなのが「温冷浴」です。

シャワーだけの人も最近は多いのですが、
ダイエットする人にとって湯船に浸かる入浴は、
一日の疲れを取るだけでなく、
肉体に溜まった脂肪を燃焼させる意味でも欠かせませんよ。

そこで、より脂肪燃焼効率を高め、
痩せやすい肉体を作るのに威力を発揮するのが、
温めたら冷やす「温冷浴」なのです。

熱いお湯と冷たい水を交互に浴びることで血管が収縮し、
血行が良くなり、自律神経の働きもスムーズになります。

方法はいたって簡単。
最後に冷水で終わるのがポイントです。
是非、日々の入浴に取り入れてみませんか?