【レーシック手術】クリニックの環境でレーシックの失敗例

レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
中でも特に多くなっているのが角膜感染症であり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染してしまう症状なのです。 仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。
レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
ですので手術そのものの危険性よりも、クリニック側の問題と言えるのです。

 

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
そのことから消毒や滅菌がクリニックでしっかり行われているかどうかということがポイントとなります。



【レーシック手術】クリニックの環境でレーシックの失敗例ブログ:2022/06/26

酵素はからだの中でも作られますが、
からだの中で作られる酵素の量には限界があります。

なので、
食べ物から酵素をとることが大切なのですが…

酵素は熱に弱く、
加熱した食べ物には、酵素は存在しません。

そこで酵素を効果的にとるには、生のものを食べるしかありません。
生野菜、くだもの、お刺身などがいいのですが、
中でもオススメなのはくだもの。

くだものには、酵素がたっぷり含まれています。
パイナップルやパパイヤがお肉を柔らかくするのも、
酵素のパワーなんです。

中でも酵素の多いくだものは、
パパイヤ、パイナップル、イチゴ、キウイです!

ただし、
酵素を効果的にとるためには、
くだものは、ご飯の後ではなく
ご飯の前に食べることが大切です。

普通のご飯は、2時間から4時間かけて胃から腸へと届きますが、
くだものはたったの半時間で腸に届くそうです。
なぜなら、くだものにはたっぷりの酵素が含まれているからです。

そして腸に届いた酵素は本領を発揮して
ウエストの中をキレイにしたり、
後からくる食べ物をしっかり分解吸収してくれます。

でも、ご飯の後にくだものを食べてしまうと、
前を行くごはんやおかずにジャマされて、胃で立ち往生…
「早く腸に行かせてよ〜」とじだんだを踏むくだものを胃酸が襲う…

…というわけで、
くだものは、ご飯の30分前か
ご飯とご飯の間に食べるようにしましょう。

酵素の働きは
「食べ物の消化」と「新陳代謝」ですが、
その中でも、特に「解毒」に大量の酵素 が使われます。

なので、
外食の多い方
ファストフードが好きな方
むくみやすい方…は、
ぜひ、ご飯の前やウエストが減っている時に
くだものを食べて、
効果的に酵素を補充することをオススメします!